湘南地域と相模原/町田地域・大和市/座間地域で口コミ人気の巻き爪専門院です。
樹脂製特殊プレートの施術で提携院は実績60,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。爪のこと、足のことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

  • 巻き爪・陥入爪と呼ばれる爪の状態について

    2018年12月7日



    巻き爪について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

    「爪が内側に巻いている」 その通りです。

    皆さんもご存知の通り爪が巻いているのは巻き爪です。

    では、巻いていなければ巻き爪ではない???と思われるかも知れませんが

    それは違うのです。

    以前、「肥厚爪」や「鉤彎爪(こうわんそう)」についてお話させていただきましたが、

    今回は陥入爪(かんにゅうそう)についてです。

    陥入爪とは、見た目には巻いていない状態のことです!

    しかし、実際は爪の両脇がホチキスの芯のようにお肉に刺さりこんでいます。

    中には片方の爪だけが脇の肉に刺さりこんでいる方もいらっしゃいます。



    そのため、爪の脇に痛みがあったり皮膚が赤くなってしまったり、それが

    悪化すると化膿につながります。


    歩くと刺さって痛みを感じたり…そんな爪になっていないか確認してみて

    くださいね。

    爪のこと、足のこと、靴のこと、何でもお気軽にご相談下さい。

    ご相談のみでも大歓迎です!!


    相模大野地域の方もお待ちしております!


    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら