湘南地域と相模原市・大和市の切らない!
痛くない!巻き爪専門院。
ドイツ製特殊プレートの施術で提携院は実績50,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。
お悩みの方は巻き爪無料相談へ
是非お越しください!

  • 軽度の巻き爪と思られるのになぜか炎症を起こしてしまった爪!

    2018年12月28日



    「軽度の巻き爪なのに炎症が起きてしまい爪が痛い!」というお客様の症例を

    ご紹介致します。

    やわらかい皮膚に爪が刺さって炎症を起こしています。




    さっそく矯正板を貼って爪の形を改善させました。

    刺さっていた爪が矯正により持ち上げられ皮膚から出てきております。



    これで痛みは無くなり炎症も引いていきます!

    しかし、どうして爪の巻き方は軽度なのに爪は皮膚に刺さって炎症を引き起こして

    しまったのでしょうか?

    画像をもう一度よく見ていただくと分かると思いますが…

    隣の指が親指にぶつかりやすい状態です。


    隣の指に押されて、皮膚と爪が密着しているのです。

    つまり、この指と指が離れるようにならないと炎症の再発は起こりやすいままと

    言えます。では、どうやって指の間に空間を作るのか?


    そのアドバイスは矯正後に詳しくさせていただいております。

    同じような炎症で痛い思いをされている方は是非、巻き爪個別無料相談会に

    お越しください。

    爪のこと、足のこと、矯正ソックス、矯正靴などお気軽にご相談くださいね!

    大和地域の方もお待ちしております!


    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら